2017年6月24日土曜日

ほめる 12

親が子をほめる
 さて親として子をほめる場合は、独特の事情が加わる。私自身の実体験から来ていることだが、自分の子供の達成をどのように体験するかは、そこに自分がどれだけ感情移入をしているかに大きく影響される。たとえば床運動の選手が「後方伸身宙返り」の着地を見事に決めるのを見て「すばらしい!」と感激する人も、乳児がおぼつかない様子で立っている様子を見ても特になんの感動もわかないだろう。ところがそれがわが子の始めての独り立ちだとなると、これは全く違う体験になる。子供の日々の成長を追ってきた親にとっては、初めて何にも掴まらずに踏み出した一歩は紛れもない偉業に映るだろう。そこで覚える「感動」には、親がどこまで子供に同一化し、どれほど感情移入しているかが大きくかかっている。子供がハイハイしていた時は、親は自分もハイハイしているのだ。そしてつかまり立ちしようとしているとき、親も一生懸命立ち上がろうとしている。そして立ち上がれた時の「やった!」感を親も体験している。それまではハイハイしかできなかった自分にとってこれほど劇的な達成はないからである。親がわが子の達成には特別に敏感に反応し、心の底からそれに感動するとすれば、それには親の子供への同一化という特殊事情が関係している。ただしこの子供の達成への感動は、それがかなわなかったときの親の失望や落胆をも同様に生みやすいことは当然である。

 親が子を褒める際にもう一つ深くかかわってくるのが自己愛の問題である。これは今述べた同一化の問題と深く絡んでいるが、基本的には別の問題として捉えるべきであろう。たとえば自分の子供が漢字のテストで百点を取る。するとその時に浮かぶ様々な考えの中には、「自分の遺伝子のおかげだ(自分も生まれつきその種の才能を持っているに違いない)」が含まれていることが多いだろう。しかしもし血が繋がっていなくても、「自分の教え方がよかったからだ」「結局は自分の育て方がよかったからだ」などと理由はいくらでもついて回る。そしてそのいい成績をほめるときには同時に自分をほめている、あるいは自慢していることになる。要するに褒めることで、自分の自己愛が満たされるということだ。

2017年6月23日金曜日

ほめる 11

純粋ならざる「ほめる」こと―技法としての「ほめる」こと
さて純粋なほめたい願望を論じたということは、同時にその日純粋な部分を考えることにもつながる。そしてもちろんそれはあるだろう。相手の力を延ばすための「ほめる」、処世術としてのほめる、が当然ある。ネットを見れば、「一般社団法人 ほめる達人協会」とか「ほめる検定」とかの宣伝がある。ほめることがある種の魔術的な力を及ぼし、人の力を飛躍的に伸ばすということは実際にあるだろう。私はこれらの部分を否定するつもりはないが、しかしそれは中心部分に純粋な「ほめたい願望」を有して初めて意味を持つものだと考える。そうでないと空虚な作り物の、言葉だけの、他人を操作することを目的とした関わり、と言われても仕方がないであろう。
どうしてほめてほしいのか?
さてこれまではほめる、という側の議論であったが、ここでほめられる側の心理についても検討しておきたい。なぜほめられたいのか? 「ほめられたい」は何か、甘えに似た、あるいは「飴」に似た何かと考えられやすいが、そうではない。それは「正当に評価してほしい」という願望なのだ。ほめられた人はたとえ「やった!ほめられちゃった。おれってすごいんだ」というような反応よりも、「よかった、私はこれでよかったのだ、本当に分かってもらえた」という安堵の方が反応としては大きな部分を占めるのではないだろうか? 人は自分のことは明らかにひいき目にみる。しかしそれはより正しくそれを評価している、ということでもある。他の人がその人の成果を評価しない一つの最大の理由は、それに関心を向けない、他のことに忙しい、というものである。つまり評価をしようにも、それを評価するような立場に自らを置いていないということなのだ。

2017年6月22日木曜日

ほめる 10 (推敲入り)

ほめることへの抵抗 羨望
それは上に述べたような事情、すなわち感動するものに出会うことは日常生活でむしろ希少であるということがあるだろう。そしてそれが私たちが日常生活で「ほめる」ような対象、すなわち私たちにとっての生徒や後輩や子供である場合には、その可能性がさらに小さくなるという事情があるかもしれない。しかしそれ以外にも大きな障害がある。その一つは羨望だろう。その作品が私が専門としている分野で発表され、その作者が私にとってライバル心を起こさせるとしたら、これは決して容易ではない。逆に悔しくて文句の一言も言いたくなってしまうだろう。その場合はその羨望の念が薄れるまで時間がかかり、それからやっと祝福を言うことが出来る状態になる。大体私のライバルAさんが立派な仕事をした時は、それに対して悔しいと思う私の方の認識が間違っていることになる。Aさんはこんな仕事は出来ないだろうと思っていたから、Aさんに先を越された、と思うわけである。ところがそこにはAさんが先を越さないであろうという私の想定があったわけで、それが間違っていたことが証明されたわけだ。そこで自分とAさんの関係の見直しが起きれば、素直にその人を祝福したいという気持ちにもなるだろう。ただしもちろんAさんと私との関係がそもそもよろしくなかったら、祝福したいなどとは最初から思わないであろう。そのような人の成功は腹立たしく感じるわけである。でもそのようなときにも私は「この人を祝福してみたらどうなるのだろう?」というファンタジーを持つことがある。Aさんが私の祝福を受け入れてくれるのであれば、Aさんとの関係性は全く違ったものになりかねない。
以上、純粋なる「ほめたい」願望を想定していろいろ論じた。これはおそらく基本として大多数の私たちが備えており、それが相互の発達を促進してきた可能性がある。というよりはそのような性質をある程度持ち合わせた個体が生き残ってきていると考えればいい。


以下に続く部分は、この様な前提のもとに、言わば各論としてのほめる、について論じることになる。

2017年6月21日水曜日

ほめる 9

患者の喜びを喜ぶ
結局純粋な「ほめたい願望」は患者の喜びを自分のものとする心性と不可分と言うことになろう。多くのサービス業(広義のそれはおそらく心理療法家を含むであろう)に携わる人が異口同音に言うことがある。「私の料理をおいしいと言ってもらえるほどの幸せはない」と料理人が言う。「私が指導している生徒の記録が伸びると、自分のことのように嬉しい」と陸上の選手のコーチが言う。彼らが自らの仕事について持つ責任感や喜びは、自分のサービスの受益者の喜びをわがことにするという能力と密接にかかわっていると考えられるのだ。これらは彼らにとって必須とさえ言えるのではないだろうか。
同様に治療者は基本的には患者に喜んでもらえると嬉しい。もちろん精神療法には、料理のおいしさやスポーツの記録のような、目に見える形で具体的に評価が出来るものはあまりない。しかし料理人やコーチにとってそれほど大切な能力は、いざ精神療法を論じるときになると、ほとんど考慮されたり論じられたりすることがないのはなぜなのだろうか? やはりこの種の感情を持つことについては、あからさまな抵抗が存在するに違いないであろう。

患者の喜びを喜ぶという心性は、実はほめたいという願望とも深く関連するであろう。ほめることは患者の喜びを喚起するであろう。しかもそれは純粋に自分が感動した患者の成長に関することで嘘や偽りはないということになる。

2017年6月20日火曜日

ほめる 8 (推敲を含む)

相手をほめることの喜びは、感動を誰かに伝えたいという願望とも関連している気がする。よくあるではないか。すばらしい曲を聴くと、人に伝えたくなるということが。人は喜びをシェアすることが好きなのである。スポーツでも一人で観戦するのではなく、パブリックビューイングというのがある。一人で家でテレビで観戦してもいいのだが、みんなで集まって観戦すると明らかに盛り上がり方が違う。勝ったりするとおそらく喜びは倍加する。皆それを狙って会場の大画面のテレビの前に集まるのだ。そこでは喜びを共有したいという私たちの願望が実現する。人はある共通の事柄について他者とともに喜ぶことを好む。私が誰かをほめるときは、一種の「ともに喜ぶ」ということを相手との相田で実現しようとするのである。もちろん相手の喜ぶ顔を直接見ることは出来ないなら、遠隔で、あるいは時差を設けてそれを実現するのだ。
そこで大切なことがある。その感動は本物でなくてはならないということだ。私はほめることは大好きだが、そこに感動は伴わなくても教育的な配慮から形ばかりほめる、ということは極めて苦手であるし、そこに特別の喜びは伴わない。もちろんそれは必要な場合があるが、それはむしろ「技法」に属することになる。それはむしろやむを得ず、「知的に」用いるべきものとなるのだ。繰り返すが、もちろんそれが悪いと言っているわけではない。
感動は本物でなくてはならない、と言ったが、実は私たちは実はあまり感動をすることがない。グルメ番組のように、口に入れたら次の瞬間に至福の顔をする、などという感動は滅多にない。私たちは様々な情報にさらされているのだ。だからこそ感動というのはレアな体験である。そして自分が正直に相手に気持ちを伝え、それが相手を喜ばす、という奇跡的な事態を作ることに感動が伴うのである。
私はこの種の行為については、時々そこに義務感さえ感じる。あるチェロ奏者の演奏に感動したら、それを伝えるのはむしろ「しなくてはならないこと」という気がしてくる。ただしその演奏家のために、というわけではない。そういう意味での義務感ではないのだ。むしろ自分のためになのだ。褒めないと後で不全感を味わうような気がするからだ。しかしだからと言ってそのチェロ奏者と仲良くなりたいなどという気持ちはない。言ったらさっさと立ち去るだけのだ。

2017年6月19日月曜日

共感と解釈 ②

ずいぶん前の続きだ。

本当に自分を知りたいと思うときの3つ目を思いついた。それは自分に漠然とした違和感が生じ、それを何らかの形で明らかにしたいからである。その場合は人はある種の不安を感じ、それを解消する意味でも何が起きているのかを把握したいというでもその場合は、自分を知りたいというよりは、何かのナラティブを得たい。あるいは説明してほしいという願望とも関係しているのであろう。なぜなら一人では解決できないという気持ちから彼らは来談するからである。するとそれに対して「来談者が自ら発見することを手助けする」というスタンスは、少なくともこの種のニーズにはあっていないということになる。救急に訪れた人に救急医は自然治癒を促進すべく食事療法のアドバイスをするだろうか。しかも解決の道が患者の心にすでに隠されているというのなら別であるが、おそらく治療者自身にもそれは見えていない。そこからはまさに共同作業が開始されるべきなのであり、治療者はそれに対して受け身的なスタンスを取ることは適切でないということになる。
ここでの考えをまとめると以上のようなものになるだろうか?
自分を知りたい、その援助をしてほしいというニーズに訪れる人に対して、おそらく従来の分析的なスタンスは意味を持つ。しかしそのようなニーズを持つ人はきわめてまれといわなくてはならない(訓練分析を受けに訪れる来談者はここでは除外して考えよう。)自分を知りたいというニーズを持つ人の大半は、それに対して治療者の積極的でアクティブな姿勢を望んでいるであろうし、治療者はそのニーズに対応しなくてはならないのである。
現代の精神分析学はある一つの大きな転換点に来ているといっていいだろう。それは意味はすでにそこに形を整えて存在するというのではなく、析出するということである。それ以前は解離しているということだ。あるいは言葉を得ていず、体験されていないということ。体験する=言葉を有する=想起出来るという点は極めて貴重なことである。

2017年6月18日日曜日

ほめる 7(推敲含む)

純粋なる「ほめたい願望」

まずは自分の体験から出発したい。私は基本的にはあることがらに心を動かされた際には、その気持ちをその行為者や作者に伝えたいと願う。たとえばストリートミュージシャンを見ていて、その演奏に感動したら、「すばらしかったですよ」と言って楽器の箱にコインを多めに投げ入れたくなるし、見事な論文を読んだら、作者に「とても感動しました」と伝えたくなる。学生の発表がすばらしかったらそれを当人に伝えたい。その際に私は具体的な見返りを特に期待はしていない。もちろんそう伝えられた相手が「本当ですか? 有難うございます。」と喜びの表情を見せたら、一緒に喜ぶであろう。しかし相手が自分にとって遠い存在であれば、気持ちを伝えるメッセージを一方的に伝えるだけでもいいのである。
以下に更に検討するが、私にはこの比較的単純かつ純粋なほめることへの願望をとりあえず「ほめたい願望」と呼ぶことにしたい。まず発想として浮かぶのが、この願望はその他の願望が形を変えたものであるという可能性である。たとえば自分自身がほめられたいという願望から派生しているという可能性もありうるだろう。「人はほめることにより、その人はほめられることの身代わり体験をするのだ。」ちょっと聞くともっともらしいが、ほんとうにそうなのだろうか?人が簡単に身代わり体験を出来るのであれば、他者が喜んでいる姿を見ているだけで自分も満足ということになるが、もちろんそのようなことはあまり起こらないし、そもそも自分が相手をほめるという能動的な行為が必要となる理由を説明できない。またこれもあまりありそうにないが、「相手をほめることで、本当は自分をほめて欲しいのだ」という可能性はどうか。しかし私はほめた相手から「そういうあなたもすばらしいですよ」というメッセージは期待していない。もしそう言われても「いや、そういう意味ではないのですが・・・・・」とむしろ当惑するのではないだろうか。先ほども述べた通り、相手を賞賛するメッセージを残して立ち去るだけでもある程度満足するのである。